「またか」「落ち着け」という反応について

伝道というレイヤーよりも、やはりリバイバルというレイヤーなんだよね。より大きなマスがシステムとして動く時代。
逆にリバイバルっていうとわりと教会の内側では「またか」「落ち着け」的な感じなんだけど、これからやってくる信仰回復運動ってそういうものでもない気がする。明らかにこれまでの霊的な傾向とは変わってきている気がする。聖霊の注ぎと、あとはテクノロジーの適応。この辺りの霊的環境、社会的環境、情報環境などがいい感じに準備が整っている気がする。

逆に最初に「またか」「落ち着け」という人ほど、むしろ昔にリバイバルに燃えた方々が多いので、結果的に話して行く間に、燃えていかれる傾向がある。結局のところイエス様と聖霊様、そしてお父様がそれをなさるのだと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク