ニューエイジャーからクリスチャンへ

先日のいささんの集いに参加したところ、ニューエイジャーからクリスチャンに転向した方が結構いらっしゃった。時期もだいたい同じこの数年の間。皆それぞれに預言の賜物を持っていて、それぞれ直接神様に召命されてクリスチャンになっている。今後、こういう方が増えてくるのだと思う。SNS社会が登場してから、個人の情報発信の参入障壁が下がったことで、副業的なビジネスとしてしかとらえていないお気軽ニューエイジャーが増えている。こうした潮流は非常に残念な傾向だし、霊的にも非常に危険なので、悔い改めてほしいなと深く感じる。霊的な仕事というのは、「人や社会のために、奉仕をするものである」というベースが何より大切だ。そして何より、御言葉と十字架によって立つということがいかに大事か。それは僕自身が重々経験してからこそ、これからもしっかりと証していきたい。

タロットリーダーだったり、神社仏閣巡りだったり、でもクリスチャンになってからは、皆、主の臨在を日々感じているので、そうした過去は手放して、辞めている。こういうトレンドが今後広がっていくと思う。
あとは、精神疾患と診断されて(これは聞けば聞くほど単純に聖霊の内住による預言の賜物が付与されただけとしか思えない)、苦しんでいたクリスチャンの兄弟姉妹もたくさんいた。意外と、現代の教会の中では、「預言は廃れ、異言は止む」(第一コリント13章8節)という御言葉の引用から、預言の賜物は初代教会で終わったとすることが多いし、教会にカルト的な教義が侵入することを防ぐという意味において、その理由もよくわかるが、一方でリバイバルは聖霊の働きを重んじるペンテコステ派や、聖霊派、きよめ派といった教派から起こってくることが多いので、一様に否定するのは決して聖書的ではないとも思う。そこを否定してしまうと、私たち一人一人に恵みとして与えられた聖霊の働きそのものを否定してしまうことになりかねない。生きた教会(普遍的教会/エクレシア)には必ず生徒に聖霊が宿り、それによって主によって生かされていることを日々体験する。これは決して軽視できないポイントだと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク