現代のマモン崇拝(お金という偶像崇拝)

そもそも資本主義とプロテスタンティズムの関係性を理解していないと、ただの拝金主義(マモン崇拝・お金というものの偶像崇拝)になってしまう。そもそも戦後の日本は多かれ少なかれこうしたマモン崇拝にあったのだと思う。今のエコーチェンバー化する群発カルトの問題も、こうしたマモン崇拝が背景にあって、非常に危険な状態にあると思う。一人でも多く、こうした日本のニューエイジムーブメントが今陥ろうとしている危険な兆候に気が付いて、大きな問題が起こる前に危険を察して事前に防いでほしいと思う。
「思慮深い人は災難が来ると見れば身を隠す。浅はかな者は通り抜けようとして痛い目に遭う。 主を畏れて身を低くすれば/富も名誉も命も従って来る。 曲がった道には茨と罠。そこから遠ざかる人は自分の魂を守る。」
箴言 序 22:3-5 新共同訳

カテゴリー: 未分類 パーマリンク