感情はありのまま感じることで解放されていく

感情は無理に自分の中に押さえこもうとするのではなく
ありのまま感じることで
解放されてきます。
 
感情をありのまま感じることを妨げるもの
それは理性的に物事を考え過ぎてしまうことや
周りからの目線を必要以上に意識してしまいがちなとき。
 
そうした時にこそ
自分1人になってありのままの感情を感じられる
ゆったりとした特別な時間を持つということもとても大切でしょう。
 
不安や恐れといった
ネガティブな感情も
無理に押さえつけようとするのではなく、
 
自分の内側にありのまま感じてあげることによって、
それらは自然に手放され
気持ちがグッと楽になります。  
 
感情をありのまま感じることで手放すということは 
子供の頃、思いっきり泣いた後に
スッキリしたような感じともいえるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク